お歳暮を贈る際のマナー

subpage-img

お歳暮では、基本的に相手に感謝を伝えることができるならば、どのようなものを贈っても構いませんが、マナー上贈ることがタブーとされているものがあります。
特に目上の人に対してお歳暮を贈るときには、靴下や下着といった身に着けるものを贈ることはよくありません。

最近何かと話題のお歳暮の情報収集がもっと楽になります。

これは、相手に対して踏みつけるといった意味で受け取られてしまいます。

また、自分にそのような思いがなかったとしても、あなたの格好はみすぼらしいですから、この靴下と下着をつけて、少しはまともな格好をしてくださいね、といった意味合いになってしまいます。大変失礼にあたりますので、絶対に送ってはいけません。

また、はさみなどの刃物を贈ることもよくありません。


これは、あなたとの縁を切りますよという意味と取ることができます。
そのため、これらも目上の人に対しては失礼にあたります。



いくら感謝の気持ちを込めて贈ったお歳暮だとしても、贈ったもの一つでその感謝の思いは打ち消されてしまいます。

逆に、相手に対して悪い印象を与えてしまうかもしれません。
中には、そういったことを知らない人もいますが、知っている人だった場合が怖いので、これくらいのマナーは最低限守らなければなりません。

もしお歳暮を贈るのならば、加工食品がお勧めです。


これならば、賞味期限のことを心配する必要もありません。
また、相手に合わせて様々な種類の中から選ぶことができます。迷ったら、加工食品を渡してみるといいでしょう。



top