トラック, リース, 自動車関連

車検の内容と種類について

自動車を持つ上で、必ず受けなければならないのが車検です。車検は正式には自動車検査登録制度と呼ばれるもので一定期間ごとに定められた自動車やバイクなどが受ける必要のある検査のことです。一般にはカーディーラーや自動車整備工場など車検を請け負っているところに出すのが一般的ですが、近年は使用者が自ら運輸支局などに赴いて受けることもできますし、検査を業者に代行してもらうといった方法があります。基本的には検査される内容はどの方法でも同じで、車両が規定の保安基準や環境性能、騒音規制などに合致しているかが確認され、クリアできれば合格になります。

クリアできない場合には、基準や規制に合致するように修理を行うなどします。なお、費用は法定費用として、軽自動車で3万5千円、普通車は排気量で異なりますが、最低でも5万7千円程度の費用を支払ます。また自賠責保険や重量税などもこのさいに支払うことになります。自身が行う場合には、この法定費用のみで済みますが、カーディーラーや自動車整備工場、代行業者などに依頼した場合には、その他の費用が上乗せされることになります。

このさいに費用が高いという場合には、余分な検査や消耗品の交換などが行われているのが一般的です。そのため、日頃から整備をしっかりと行っていれば、これら消耗品の交換なども最小限に抑えることができるので費用を抑えることが可能ですが、それでも普通車であれば10万円から15万円ほどの費用が必要になります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です