トレーラー, 中古, 自動車関連

車検の流れについて教えます

車検は1時間程度で終了してしまうクイックタイプと、朝だして夕方に終了するタイプがあります。費用は後者のほうが若干高くなりますが、年式が古くなってきた場合は安心のためにも1日かけてじっくり点検整備してもらうほうが良いと思います。車検の流れは、ます受付にて手続きを行いますが、その際に自動車税の納税証明書と印鑑が必要です。自動車整備工場によっては、割引のために任意保険証の提示が求められることもあります。

その後、点検が始まりますので、一旦代車を借りてその場を離れることができます。点検が終了した後、修理や消耗品の交換が必要な個所が電話で知らされます。その場で修理及び交換するかどうかを決めなければなりませんが、修理や部品交換をしないと車検に通らないという場合は、必ず交換することになります。しかし、今回の車検は関してとりあえず問題がない場合は。

後日改めて修理・交換することも可能です。ただ、車検に合わせて修理・交換したほうが工賃が安くなるというメリットもあります。修理や部品交換するかどうかを決めた後は、さっそくその作業に入ります。そして、すべての作業が終了したあと連絡が入りますので、車を取りに行きます。

そして車と引き換えに費用を支払います。特に車に大きな問題がない限り、このように1日ですべての作業が終了します。その後は次の2年後までそのまま乗り続けることができますが、途中で12カ月点検を行うとなお安心です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です