トレーラー, 中古, 自動車関連

車検の大切さと自分の判断

自動車は生活に欠かせない大変便利な乗り物ですが、整備点検を怠ると命に関わるような事故を引き起こす危険があるので注意が必要です。日本では法律で、整備点検を新車から3年目、それ以降は2年毎に行わなければならないようになっています。これを自動車検査登録制度、略して車検と言います。車検には費用が発生するので大変である反面、これがあるおかげで自動車のことがあまり詳しくない人でも、安心して車に乗り続けることができるとも言えます。

ただ、2年おきに点検が行われるために、まだ使うことができるような消耗品を、早目早目に交換するのが一般的でした。たとえば、ブレーキパッドの交換を例にあげると、まだ1年以上使うことができる場合でも、次の車検まではもたないと判断できる場合は、早目に交換してしまうわけです。そうすれば、ブレーキがきかなくなるという心配もなく車に乗り続けることができます。しかし、本来であれば、まだ使える部品を交換するのは勿体ないことです。

もう少し、ぎりぎりになってから交換しても良いわけです。ただ最近は価格競争が激しくなり、自動車工場でも少しでも費用を抑えるために、一方的にブレーキパッドを交換することは少なくなりました。一つひとつどうするかを尋ねてから行うのが一般的になっています。不安な場合は、これまで通りまだ使うことができる場合でも早目に交換すれば良いし、費用を抑えたい場合は、しばらくたってから交換しても良いでしょう。

自分でチェックできる人は、減り具合をチェックしつつ最適な時期に交換すれば良いわけです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です