トラック, 中古, 自動車関連

車検について思うこと

正しくは車両検査といい、道路運送車両法で定められている車の定期検査のことです。日本の法律においては新車の初回は3年に1回、それ以降は2年に1回義務付けられています。「この時期になる毎にお金が掛かるし勘弁して欲しい」と考える事もあるでしょう。しかし不具合の発見がなければ、急にタイヤが外れて人を巻き込んだり、エンジンが爆発する事故などが多発する可能性もあるのです。

なので、車に乗る人の責任として必ず受けましょう。いずれの場所で依頼するにせよ、事前の準備をして行くとスムーズに進みます。車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、認印、費用、任意保険証等を持って行けば良いでしょう。流れは次の通りで、車の入庫から始まり、受付の後に問診となりますが、ここで日頃から気になる事を伝えましょう。

スタッフの方が車を分解して点検や検査をし、その説明や見積りの提示があります。それに同意すると整備が始まります。整備が無事終了すると完成検査をして合格となります。そうした結果をスタッフの方がカルテで説明し、清算となり完了となります。

費用は、基本料と法定費用の合計金額となります。基本料とは検査費用や申請代行料であり、車検を受ける会社によって変わります。また、法定費用とは自賠責や重量税、印紙代なので、どこで車検を受けても同額になります。受ける場所は色々あります。

自動車ディーラー、フランチャイズ店、カー用品店、ガソリンスタンドなどが主であり、変わった所ですと刑務所なんかでも車検を受けられます。ディーラーは高額だけど信頼性が高いとか、値段や信頼性もそれぞれ違うので、自分にあった場所を探すのが良いですね。中古トラックの販売のことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です