トラック, 中古, 自動車関連

中古車の査定の基準について

現在乗っている自動車から新しい自動車に乗り換える場合、現在乗っている自動車は中古車としての取り扱いとなります。その中古車はどうするのかと言われた場合、多くの人たちは専門の販売店などに査定してもらい、買い取ってもらうということを選ぶようです。廃車にするということも多いですが、買い取ってもらった方がいくらかお金が手に入るということもあり、色々な方法で買い取ってもらっている人が多いようです。そんな中古車の査定に関しては、中古車自体の相場の変動が大きいこともあるので買取価格が安定しないという傾向があるほかにも、販売店それぞれで独自の査定基準を設けているところもあります。

そのため販売店によって買取価格が異なっているという状態になっているのですが、独自の基準以外にも、実はある程度決まった基準と言うものがあります。それが年式と走行距離です。基本的には新車に近い状態であるほど高額で買い取ってもらえるというシステムなので、年式が新しいほど、そして走行距離が短いほど高く買い取ってもらえるということになります。ただしこれはあくまでも基準であり、例外もいくつかあります。

例えば年式が古い車種であったとしても人気が高ければ高額で買い取ってもらえますし、走行距離が短くても事故者に近い状態であった場合は安くなるという傾向があります。そのため、自動車の状態によっても査定額に影響があるということになるため、注意が必要となります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です