トレーラー, 中古, 自動車関連

トラックに行うラッピングはどのようなものか

トラックにもさまざまなものがありますが、全く無地で走行しているものはほとんどありません。少なくとも、車体に会社の名前ぐらい入っていることが多くなりますが、最近はラッピングをしているトラックも増えてきています。派手にすることで、その会社をアピールすることができるだけでなく、より見た目の良いデザインに仕上がるのは間違いないところです。一昔前は、ラッピングの技術がなかったためそれを行うことができずオールペイント行うような状態でした。

オールタレントとは、直接職人が写真などを参考にして絵を描くことになりますので、非常にお金がかかるのが欠点でした。また、職人の腕によって絵が上手かどうかが左右されますので、よほど腕が良いところでオールペイントしてもらわなければあまり出来栄えの良いものができません。しかも、元の状態に戻したい場合はもう一度塗り換えをしなければならず非常にお金がかかる状態です。これに対してトラックをラッピングする場合には、フィルムを張り付けるだけになりますので、取り外しも簡単になります。

結果的に、元の状態に戻すときでもフィルムをはがすだけで対応することができ、もう一度塗り替えをする必要がなくなります。メーカーをする場合には30万円から40万円ぐらいはかかるのが普通で、大型トラックになればなるほど金額が上昇してきます。ですが、ラッピングであればはがすだけで終わりますので、ほとんどお金がかからないでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です