トラック, 中古, 自動車関連

中古トラックを運転するのに必要な免許の種類

中古トラックを運転するためにはもちろん、自動車運転免許が必要です。車両の種類を問わなければ、中古トラックは普通免許を取得するだけでも運転できるようになります。しかし、普通免許で乗ることができるのは最大積載量が2トン未満、車両総重量が3.5トン未満の車両で、中古トラックでは小型のものに限られます。物流業界で仕事をすることを考えている場合、普通免許では不便なので、2017年3月12日の道路交通法改正で新設された準中型免許を最初に取ると良いです。

こちらを取得すれば、最大積載量が4.5t未満、車両総重量が7.5t未満の車両がすべて運転できるようになり、少し大きめの中古トラックまでをカバーできます。長距離の運送に関わりたい場合は、使用する車両が大型のものになるため中型もしくは大型の取得は必須です。中型免許は20歳以上で、普通、準中型、大型特殊のうちいずれかの免許を取ってからの運転経験が2年に達した状態で、試験に合格すれば取得することができます。大型免許は21歳以上で、運転経験が3年以上になっていれば取得できるようになり、取ることができればほぼすべての種類の車両に乗れるようになります。

ここでいう運転経験期間は通算のものであり、途中で違反行為により停止や取消になったり、更新をし忘れて失効になった後に再取得してもリセットされることはありません。もし大型免許をとる場合は、普通もしくは準中型をとって、3年経った段階で大型をとりにいくのが最短ルートです。中古のトラックのことならこちら

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です